よくある質問

痛みや不快感はありませんが、歯のメンテナンスは必要ですか。
普段、お手入れを十分にしていると思っていても、セルフケアだけではなかなか行き届かない部分があります。その部分をときどき医療機関にてメンテナンスすることで、口の中の清潔を保ち、虫歯や歯周病を予防することにつながります。あなたの大切な歯を長持ちさせるために、メンテナンスは必要です。
予約は必要ですか。
基本的に診療は予約優先で行なっています。ただし、痛みがあるときなど、緊急を要する場合はこの限りではありませんので、お電話またはご来院ください。
カウンセリングはありますか。
あります。患者さんに口の中の状態をみせていただいてから、スタッフが治療内容や治療計画についてのお話をします。また、当クリニックは患者さんと一緒に考えながら最適な治療を行なっていきたいと思っています。疑問や質問がありましたらどうぞ、お気軽にご相談ください。
妊娠中や授乳中に治療をしても大丈夫でしょうか。
妊娠中や授乳中の治療にも対応しています。ただし、妊娠のステージ(初期、中期、安定期)によって治療方法などが変わります。妊娠中やその可能性がある場合、授乳中の場合は必ず診察前にスタッフまでお伝えください。また、妊娠や授乳に限らず、持病などをお持ちの方についても事前にスタッフまで申告していただくようお願いします。
治療を受けたいのですが、怖くて緊張してしまいます。いい方法はありませんか。
当クリニックでは、患者さんにリラックスしていただけるように、音楽を楽しみながら治療を受けていただける環境を整えています。また、できるだけ痛みを伴わない治療を目指しています。もし、治療に関して恐怖心や不安がある場合は、刺激の少ない部分から徐々に本格治療へと移るなどの対応をしますので、診察前にスタッフまでお伝えください。
他の歯科医院で治療の途中に引っ越しました。痛みはありませんが、治療をしたほうがいいですか。
もちろん治療することをおすすめします。放っておけば治るものもなかなか治らなくなってしまいます。早めに治療にいらしてください。
子供はいつから診てもらえますか。
何歳からでも大丈夫です。お口の中で何か気になることがあれば、ご来院ください。
治療は痛くありませんか。
痛みは個人差があるため、一概には言えません。痛みをまったく感じない方もいれば、痛みを感じてしまう方もいらっしゃいます。ただ、患者さんにできるだけ痛みを伴わない治療を行なえるよう、良質な治療とサービスを提供できるよう、日々努力をしています。
子供はいつから診てもらえますか。
何歳からでも大丈夫です。お口の中で何か気になることがあれば、ご来院ください。
親知らずを抜いたあと、腫れたり痛むことはありますか。
親知らずを抜いたあと、腫れることがないとは言えませんが、腫れや痛みを訴える患者さんのほうがどちらかといえば少ないです。抜歯をしたり、外科処置した際の痛みに関しても鎮痛剤で痛みをコントロールすることができるので、安心してご来院ください。ただし、抜歯のあとはお酒を飲んだり、激しい運動は避けましょう。
結婚式や引っ越しなど、予定に合わせて治療を進めることはできますか。
治療の内容にもよりますが、できるだけご希望に合わせて治療が進められるように努力します。お気軽にご相談ください。
保険は効きますか。
基本は保険診療です。ホワイトニング、インプラント、セラミックなど、一部自費診療となるものもあります。
自費診療の支払いにクレジットカードは使えますか。
現在、クレジットカードでのお支払いには対応していません。
保険証のコピーでも保険治療は受けられますか。
健康保険証のコピーは、基本的に使えません。コピーを持ってきたり、忘れてしまった場合は後日(同月内)に原本を持参するようにお願いします。また、保険証は初診時のほか月初めの来院の際には必要となりますので、忘れないようにご注意ください。
保険診療と自費診療はどう違うのですか?
保険診療とは、国の保険制度を使用して治療をすることです。患者さんは治療費の一部のみの負担となるため、費用が安くすみます。しかし、国で定められた細かいルールがあり、治療内容や使用する材料の制限があります。自費診療は、国の制度を使用しない治療で、治療費は患者さんの自己負担となります。ただし、治療内容や材料には制限がないため、治療の選択肢を広げるとともに、その人の個性に合わせた診療を行なうことができます。
どうしても歯を抜かなければならないのはどんな場合ですか。
その歯があることで、食べ物をかみ砕くことができず食生活に支障を起こしたり、健康を損なってしまう場合があるときには、抜歯をすることがあります。
治療したはずの歯が数年後に再び虫歯になるのはなぜでしょう。
治療をしても、その後のお手入れを怠っていると再び虫歯になることがあります。磨き残しなどで、汚れが残っていると治療をした部分の詰め物や被せ物と歯の境目から虫歯菌が入り込んでしまう場合があるからです。治療後も毎日しっかり歯磨きをすることやときどき歯医者さんで口の中の環境をチェックしてもらい、虫歯を予防をしましょう。
金属アレルギーがあるのですが大丈夫ですか。
金属アレルギーの方でも当クリニックを受診していただけます。その場合には金属を使わない治療を行ないますので、事前にスタッフまでご相談ください。
以前につめた金属が気になります。自然な白い歯にすることはできますか。
最近では歯の健康だけでなく、見た目の美しさも重視した「審美」という考えが、だいぶ広まってきました。当クリニックでも金属の詰め物を外し、セラミックなどの詰め物をすることで天然の歯のように仕上げることができます。また、保険でできる白い歯もありますので、お気軽にご相談ください。
かぶせたり、つめた歯は何年くらい持つのでしょう? 自費診療なら一生ものなのでしょうか。
かぶせ物や詰め物の持ち具合は、メンテナンスの仕方などで個人差があるので、一概には言えません。また、自費診療だからといって「絶対に一生大丈夫」ということも、残念ながら言えません。ただ、私たちが理想とするのはもちろん「一生使える歯」。これからも患者さんとコミュニケーションを取りながら理想により近づくために努力します。
ホワイトニングでどの程度白くなりますか。
白くなる程度には、個人で差があります。まずはご相談ください。
ホワイトニングは歯や身体に悪影響はないんですか。
正しい用量や用法を守れば、身体に影響を及ぼすことはありません。ただし、場合によっては知覚過敏などの症状がでることがあります。口の中の状態などをみながら施術の前に十分なカウンセリングを行ないますので、ご安心ください。
イプラント治療を考えていますが、インプラントは長持ちしますか。
インプラントはチタンでできているため、長期に渡り機能を持続させることができます。しかし、普段のお手入れやメンテナンスを怠り、インプラントの周囲の歯茎の状態が悪くなるとぐらついて抜け落ちてしまうこと場合もあります。インプラントを長持ちさせるためにも普段のお手入れとメンテナンスを十分に行なうことが大切です。